田辺工業が扱う原木のご紹介。

ブラックチェリー

Black Cherry / ブラックチェリー

ブラックチェリーは古くから高級家具材として利用され、時を経るほどに深みを増す色合いから、家具職人たちは「ニューイングランドマホガニー」とも呼んでいたと言われます。心材は真紅から紅褐色まで幅があるものの、辺材は黄白色で対照的。ブラックチェリーの色変化は劇的で、光にさらされると赤味が増し、一定レベルに達すると落ち着きます。肌も艶を増し、温かくしっくりとした風合いを醸します。木目は細かく通っており、材色の深まりとともに、まさに年輪を経たやわらかな表情を生み出します。

産地・分布
北アメリカ(東北部、中部大西洋沿岸)
分類
温帯広葉樹・バラ科
用途
高級家具、キッチンキャビネット、床材、壁材、ドア、船舶内装材、モールディング等
ブラックウォルナット

Black Walnut / ウォールナット

世界三大銘木の一つにあげられるブラックウォルナット。その重厚感ある風合いから、ヨーロッパではルネッサンス時代より家具用材として親しまれ、特に17世紀中葉から18世紀にかけては、家具史の中で「ウォルナット時代」と呼ばれるほどに人気を独占。今日でも、人気、価格とも最上位ランクに位置づけられています。心材は褐色から紫褐色で、不規則な濃淡の縞を持つことが多く、辺材部は幅が狭くて黄褐色。肌目はやや粗いものの、美しい光沢を示します。

産地・分布
北アメリカ東南部(合衆国東部~中部)
分類
温帯広葉樹・クルミ科
用途
高級家具、キャビネット、床材、壁材、ドア、楽器等
ハードメイプル

HardMaple / メープル

別名シュガーメイプル。樹液は砂糖やシロップにも利用され、カナダ国旗のメイプルリーフでも知られる樹種です。絹のような光沢を持ち、欧米では古くから家具などに使用されてきました。強靭な材質から、床材として、またピアノやバイオリンなどの精巧な楽器用の材としても重用されています。心材は黄褐色、辺材はかすかに赤味がかかった乳白色。時を経るほどにおだやかな木檗色(きはだいろ)に変化します。肌目は緻密で、人肌のようなやさしい材面を形成。木理は通直ですが、ときに鳥の小さな目が無数にあるようなバーズアイ(鳥目杢)や縮み杢などの杢が現れます。

産地・分布
北アメリカ東北部(五大湖周辺)
分類
温帯広葉樹・カエデ科
用途
床材、高級家具、キッチンキャビネット、内装材等
オーク

Oak / ナラ

秋にドングリの実をつける樹がオークの仲間。欧米のオークはほとんどが落葉種で、ナラに当たります。雄大な樹形と千年を超える長寿、数多くの生物を育むオークは、ヨーロッパでは古代ギリシャ時代から崇敬の対象とされ、特にイギリスでは「森の王」と尊称されてきました。ライブナチュラルはこのヨーロピアンオークを使用。家具や建築材の他、シェリー酒など葡萄酒の樽材として広く用いられています。辺材は淡黄色、心材は黄褐色で、時を経るにつれ濃さを増してきます。

産地・分布
ヨーロッパ、アジア、北アフリカ
分類
温帯広葉樹・ブナ科
用途
床材、高級家具、キャビネット、化粧用単板、合板等
チーク

Teak / チーク

上品な色合い、そして時には重厚感さえ感じさせる個性を放つライブナチュラル・リミテッド「チーク」。チークは、美しさと耐久性を併せ持つとともに、非常に材質が安定しており、ほとんど狂いを生じないという特徴を持ちます。そのため遥か古代バビロニアの遺跡からも、チークの家具が見つかっています。豪華客船クイーンエリザベス2世号のデッキにも採用されたり、ベルサイユ宮殿を飾る家具やオリエント急行の内装にも使われていたりして、その美しさと堅牢さを存分に発揮しています。

産地・分布
東南アジア
分類
熱帯広葉樹・クマツヅラ科
用途
床材、造作材、装飾材、高級家具、キャビネット等